タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽迫る大火、死者2.5倍 「逃げ惑い」厳しく算出


■風速8メートル冬の夕方、最悪ケース…


 中央防災会議の作業部会が19日公表した首都直下地震の被害想定は、首都機能が深刻な打撃を受ける厳しいシナリオだ。「巨大過密都市の災害」と位置付け、国を挙げた対策を求めた。

新想定で浮かび上がったのは、首都を襲う大規模な火災だ。
風速8メートルの冬の夕方に地震が発生する最悪のケースでは、火災による死者は1万6千人で前回想定の2・5倍。
都心を囲む木造住宅の密集地で同時多発的に最大2千件の出火が起き、広範囲で延焼する。

耐震化の効果で焼失建物は前回想定より4割減ったが、四方を火に囲まれて逃げ場を失う「逃げ惑い」を厳しく算出した。
死者10万5千人のうち火災による犠牲者が9割を占めた関東大震災でも起きた惨状だ。

都心は震度6強の揺れに見舞われ、道路の交通網はまひ状態に。物資輸送や救助活動に著しい支障が生じる。
地下鉄やJR在来線の運行停止で800万人の帰宅困難者が発生。
東京湾岸に立地する火力発電所の被災で23区内は5割が停電し計画停電が行われる。
倒壊家屋などのがれきを処理する用地も不足し、復旧活動は長期化する

霞が関などの政府機関は庁舎の耐震化が進んでおり、倒壊などの大きな被害は出ない見込みだが、多くの職員が出勤できない恐れがあり、設備やデータの復旧で業務再開は遅れる。

日本銀行の重要施設は耐震化や非常用電源の確保などの対策済みで、当日中に決済機能を回復。
東京証券取引所も24時間以内をめどに復旧可能とした。

作業部会は地震発生から10時間を「国の存亡に関わる初動」と位置付け、政府に具体的な対策を迫った。
災害対策基本法に基づく現行措置だけでなく、一般車両の通行制限や放置車両の撤去に必要な新制度の検討を求めている。
MSN産経ニュース



スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・10-18  ※阪神・金本監督、屈辱終戦に「悔しい」 勝負の3年目へ新井良太の入閣検討
 ・10-16  ※阪神、超早め継投裏目…桑原が6失点などプレーオフワースト21被安打
 ・10-15  ※阪神がCS先勝 福留決勝2ラン DeNAを0封
 ・10-12  ※【阪神】CS第1S不戦勝突破も!?秋雨前線停滞、雨天中止で0勝0敗なら「上位球団」が最終Sへ
 ・10-11  ※CS勝つ!阪神・金本監督、4連勝締め&貯金17に手応え

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/136-3e8c9c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック