タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽【ソチ五輪】羽生が史上初の100越えでSP1位!大輔は4位/フィギュア

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子SP
(13日、アイスバーグ・スケーティング・パレス)
羽生結弦(19)=ANA=は冒頭の4回転ジャンプを決めるなど、ショートプログラム史上初の100点超えとなる101・45点を叩き出し、堂々のSP1位となった。高橋大輔(27)=関大大学院=は、86・40点で4位。
町田樹(23)=関大=は、83・48点で11位だった。プルシェンコ(ロシア)は演技開始直前に棄権、パトリック・チャン(カナダ)は97・52で2位だった。

 団体戦のSPに続き、個人戦でも羽生が華麗に舞った。冒頭の4回転ジャンプを成功すると波に乗り、華麗なスピンを続けた。後半は、高さのあるトリプルアクセルとトリプルルッツ-トリプルトーループのコンビネーションもきっちり決め、ロシアのファンの心をきっちり射止めた。

 高橋は、4回転トーループを飛んだが回転を緩めた。その後はトリプルアクセル、トリプルルッツ-トリプルトーループのコンビネーションを成功させた。最後はコンビネーションスピンで演技を終えた。

 羽生は「本来の演技にはまだまだほど遠いが、やれた事はやれた。日本人としてこの結果を誇らしく思う」と演技を振り返ると「明日は明日で、いい演技をしたい」とフリーへの意気込みを語った。
(サンケイスポーツ)

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2018年ペナントレース
 ※◆2018年度
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-21  ※阪神・秋山リフレッシュ調整明け結果残せず4回6失点
 ・07-20  ※阪神ロサリオ、西日本豪雨に100万円を寄付。個人での義援金
 ・07-19  ※金本阪神、聖地2度目のG3連敗
 ・07-18  ※岩田がヤングマンに“決勝”2点打
 ・07-17  ※阪神・メッセ、気迫の中2日も10勝お預け

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/198-6d8b902c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック