タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽中国無差別殺傷 「ウイグル族、2日ほど見かけぬ」 昆明駅前、痕跡消され

tyu.jpg
 刃物を持った武装集団による無差別殺傷事件で29人が死亡、143人が負傷した中国雲南省の省都、昆明市の昆明駅は、事件から一夜明けた2日、旅行客がごった返す通常の賑わいを取り戻していた。

 その一方で、惨劇が起きた駅前広場などには警戒線が張られ、武装警官らが巡回を続けるなど、当局が事件の連鎖を警戒していることを物語っていた。

 ■小銃持った警官、十字路には警戒線

 昆明駅に続く駅前大通りの北京路-。気温は20度近くまで上がり、見上げれば春の青空が広がっていた。視線を落とすと、駅舎まで数百メートルの十字路には警戒線が張られ、車両などの進入が規制されていた。警戒線は事件の発生場所とみられる駅舎前まで続き、その脇を通る歩行者に、小銃を持った警官らが周囲に目を光らせていた。隊列を組んだ武装警官が頻繁に現場周辺を巡回する様子は、明らかに平時と異なる。

 事件発生直後から、インターネット上では、約300メートルにわたって血痕が続いていたと報じられ、その画像も掲載されていた。しかし、昨夜のうちに、そのすべてが跡形もなく清掃されていた。昨年10月、北京の天安門前で起きた車両突入事件の際と同様、当局は事件の痕跡をわずかな時間で消し去っていた。

 被害者の中には、宿泊費を節約するため駅前で野宿していた夫婦の夫が含まれていたという。同じように駅前で一夜を明かす旅行客は少なくない。しかし、駅周辺に座り込んでいた少数民族とおぼしき男女4人のグループは、「事件については何も知らない」と口をつぐんだ。

 中国国営新華社通信によると、昆明市政府は「新疆分裂勢力による計画的かつ組織的な重大暴力テロ事件」と断定。習近平国家主席は「暴力テロ犯罪活動に厳しい打撃を加えよ」と、テロ分子の取り締まり強化を指示した。

 雲南省には漢族のほか22の少数民族が暮らしているという。その中にウイグル族は含まれていないが、あるタクシー運転手は「ウイグル族もそこそこいる。でも、ここ2日ほどはまったく見かけなくなった」と話した。

 ■公安省の警戒範囲、西部まで拡大

 北京では5日から全国人民代表大会(全人代=国会)が開かれる。これまで北京市が担当していた警備を、今回から公安省が主導する。それに伴い、以前は北京や天津など周辺の6省市だった警戒範囲を、新疆ウイグル自治区や西部地域まで拡大している。

 40代の漢族男性は「昆明でこんな事件が起こったことなんて、記憶にない」と語った。一年中、穏やかな気候が続き、「春城」の愛称で親しまれる観光都市で起きた惨劇は、厳戒態勢を中国全土に拡大する口実にされかねない。(川越一)
(livedoorニュース)


スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・10-18  ※阪神・金本監督、屈辱終戦に「悔しい」 勝負の3年目へ新井良太の入閣検討
 ・10-16  ※阪神、超早め継投裏目…桑原が6失点などプレーオフワースト21被安打
 ・10-15  ※阪神がCS先勝 福留決勝2ラン DeNAを0封
 ・10-12  ※【阪神】CS第1S不戦勝突破も!?秋雨前線停滞、雨天中止で0勝0敗なら「上位球団」が最終Sへ
 ・10-11  ※CS勝つ!阪神・金本監督、4連勝締め&貯金17に手応え

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/216-7294c621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック