タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽浅田が日本人最多3度目V 鈴木6位、村上は10位

 フィギュアスケートの世界選手権最終日は29日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子はショートプログラム(SP)で世界歴代最高の78・66点をマークした浅田真央が、フリーはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などが回転不足と判定されたが、自己ベストの合計216・69点で日本人単独最多となる4年ぶり3度目の優勝を果たした。

 男子を制した羽生結弦と合わせ、日本勢は4年ぶり2度目の男女同時優勝となった。

 現役最後の大会だった鈴木明子は6位、村上佳菜子は10位だった。ユリア・リプニツカヤ(ロシア)が2位、カロリナ・コストナー(イタリア)が3位に入った。
http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20140329/Kyodo_BR_MN2014032901001853.html

■真央のSP世界歴代最高点に韓国から「異例」のエール、その理由とは=韓国
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2018年ペナントレース
 ※◆2018年度
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-14  ※マイナビオールスターゲーム2018
 ・07-10  ※阪神が単独首位に浮上 先発・藤浪、3回1安打無失点
 ・07-09  ※阪神、借金3で前半戦終了 今季7度目零封負け
 ・07-05  ※梅ちゃん何くそプロ初4打点!阪神、4点差大逆転で2位再浮上や
 ・07-04  ※阪神メッセ、来日9年目で自己ワースト12安打10失点の大乱調

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/250-fa703ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック