タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽阪神西岡「生きてて良かった」、ファンに身体の状況説明と感謝の言葉。

3月30日に東京ドームで行われた巨人戦で、プレー中に福留孝介外野手(36歳)と交錯、鼻骨骨折と胸部の打撲、左肩鎖関節の脱臼と診断された阪神の西岡剛内野手(29歳)が、Facebookで自身の身体の状況を説明すると共に、ファンに感謝のコメントを寄せている。

Facebookに更新されたコメントの全文は次の通り。

意識はっきりしてます!
球場に倒れてる間はほんとに意識なく、意識が戻ったのは、阪神タイガースファン、読売ジャイアンツファンの、西岡コールで意識がほんとに戻りました!
感謝の言葉しかありません!
選手はやっぱりファンの方に背中を押してもらい、叱咤激励も含めて、改めてファンの方あってのプロ野球なんだと確認できました!
自分の名前が球場に響いたとき涙が止まりませんでした!
しっかりと検査して、一日も早い復帰を目指します!

とにかく今日伝えたいこと!
伝統の一戦と言われる阪神、巨人の試合で、
両チームのファンからの声援は一生忘れません。
生きてて良かったです!
テレビで見られてた方も、心配かけて申し訳ありませんでした!
とにかくこの気持ちを伝えたくてコメントさせてもらいました!

目覚めさせてくれたファンのみなさん。
心から感謝です。
ジャイアンツファンのみなさんも本当にありがとうございました!

これからも、伝統の一戦と言われる阪神タイガースであるように頑張ります!!!

感謝、感謝、感謝でしかありません!


※西岡選手は30日の巨人戦2回裏、2死一、二塁の場面で、打席の大竹寛投手が放った打球を追い、福留選手と激突。頭からグラウンドに落ち、仰向けに倒れたまま意識を失っていた。球場にはグラウンド内に救急車が入り、西岡選手を病院へ救急搬送。ストレッチャーに乗せられる間、球場では阪神側、巨人側からも“西岡コール”が起きていた。
http://news.livedoor.com/article/detail/8685151/

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2018年ペナントレース
 ※◆2018年度
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-14  ※マイナビオールスターゲーム2018
 ・07-10  ※阪神が単独首位に浮上 先発・藤浪、3回1安打無失点
 ・07-09  ※阪神、借金3で前半戦終了 今季7度目零封負け
 ・07-05  ※梅ちゃん何くそプロ初4打点!阪神、4点差大逆転で2位再浮上や
 ・07-04  ※阪神メッセ、来日9年目で自己ワースト12安打10失点の大乱調

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/253-6d83e8d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック