タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽連日の乱戦、神がヤに15‐8でお返し

275px-Matt_Murton_20120817.jpg 「ヤクルト8‐15阪神」(6日、神宮)

 連日の打撃戦をこの日は阪神が20安打15得点の逆転勝利で、連敗を止めた。

 前日(5日)は両軍5投手ずつの12‐11でヤクルトが阪神を退け、この日は計14投手で阪神が乱戦を制した。週末のデーゲーム2試合で試合時間は合計8時間30分を越えた。

 阪神は先発の榎田が1回2/3で降板後、渡辺、筒井、金田、加藤、福原とつなぎ、九回は7番手の呉昇桓が登板した。一方のヤクルトも先発・中沢が二回途中で降板。押本、村中、八木、石山、山本啓、久古の7投手をマウンドに送った。

 前日は来日自己最多の7打点、この日も4打点(5打数4安打)の阪神・マートンはインタビュー・マイクを向けられ、「チームプレー。いい球が来たら積極的にいく。幸運なことにいい球が来た。(2日間11打点の要因は)分かりません。ラッキーボーイ。

野球なんでいい球が来ればいいスイングをしようと思う。(ゴメスも活躍で)いいバッターが並んでいる。(投手陣が苦戦だが)いいピッチングをするときもある。いずれピッチャーも良くなることを信じて戦いたい」と乱戦に高揚することなく、淡々と話した。

 マートンは最後に、連日の長時間ゲームを声を嗄らして応援してきた阪神ファンに向かって「イツモオオキニ。イエスさまに希望がありますように」と、日本語で締めのあいさつを送った。
http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2014/04/06/1p_0006842276.shtml

・今日も投 手 陣 崩 壊 ! 何やっとんねん!


スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・10-18  ※阪神・金本監督、屈辱終戦に「悔しい」 勝負の3年目へ新井良太の入閣検討
 ・10-16  ※阪神、超早め継投裏目…桑原が6失点などプレーオフワースト21被安打
 ・10-15  ※阪神がCS先勝 福留決勝2ラン DeNAを0封
 ・10-12  ※【阪神】CS第1S不戦勝突破も!?秋雨前線停滞、雨天中止で0勝0敗なら「上位球団」が最終Sへ
 ・10-11  ※CS勝つ!阪神・金本監督、4連勝締め&貯金17に手応え

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/268-409e8bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック