タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽虎・呉昇桓と李大浩の英雄対決に韓国メディア興奮「ドラマだ」

images (3) (セ・パ交流戦、ソフトバンク3-4阪神、2回戦、1勝1敗、24日、ヤフオクドーム)阪神・呉昇桓投手(31)が1点リードの九回を無失点に抑え、セ単独トップの12セーブ目。

韓国時代のライバル、ソフトバンク・李大浩内野手(31)に左前打され、無死一、二塁のピンチも動揺しなかった。
 テレビ1社、オンラインメディアを含めた新聞4社、約10人の報道陣が駆けつけた韓国メディアも呉昇桓と李大浩の英雄対決に大興奮の様子だ。

シーズン開幕直後から1カ月に渡り、虎の守護神に密着取材を続けていたMKスポーツのアン・ジュンチョル記者も今カードに合わせて再来日。「2人の対戦はドラマのような展開だった」と語った。なお、この熱戦は、母国にケーブルテレビで生中継されていた。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20140525/tig14052505020002-n1.html

▽浅田真央の休養会見 スポーツ紙記者からの質問はゼロだった
 一年の休養を発表した浅田真央(23才)。そんな浅田は、ソチ五輪後、スケート連盟との間に大きな溝ができていた。

引退したいという浅田選手を連盟はどうしても受け入れられないでいるんです。浅田選手の集客力やCM出演料を管理している連盟にとっては大きな痛手。加えて次世代のスター選手も育っていませんからね。

 でも、そもそもソチ五輪で充分な練習環境さえ整えてくれない連盟ですから、浅田選手のなかでは疑心ばかりが膨らんでいました。“練習を邪魔するのに、引退もさせてもらえない”って」(スポーツ紙記者)

 実は会見場では、異様な光景が繰り広げられていた。3か月にもわたって注目されていた浅田の休養宣言ゆえ、多くの取材陣から質問が殺到するかと思えば、スポーツ紙記者の質問はゼロ。会見が始まる前に、浅田のマネジメント側による取材レクが行われたゆえだった。

 実際の会見で質疑応答の挙手をしたのはテレビ局と、毎日新聞、共同通信の記者のみだった。

「少し前まではこんなんじゃなかったんですよ。“真央ちゃん”って声をかけるとちゃんと答えてくれたし、昔はとにかく無邪気で、“犬アレルギーだけど犬を飼った”とか自分の気持ちを素直な言葉で表現する選手でした。でもどんどん注目されるようになって、言葉選びも慎重になって、彼女本来の姿が見えにくくなりました。

 すべてを犠牲にして追った夢の世界だったのに、彼女はそこでさらに孤立してしまった。“1年休養”を決意したのは、一度離れたところから、スケートを見つめ直したいという一心だったんでしょう」(フィギュア関係者)
http://news.livedoor.com/article/detail/8866427/
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・08-20  ※阪神・福留、絶好調8月5発目!効果的休養で最近10戦の打率4割
 ・08-19  ※阪神、秋山劇場や!プロ初10勝&初超特大弾 金本監督「糸井より上」
 ・08-18  ※阪神がサヨナラ勝ち 福留が2安打3打点で連敗3で止める
 ・08-17  ※あ~あ…阪神・藤浪、4回7四死球 82日ぶり1軍も悪癖そのまま
 ・08-16  ※阪神、ミス続出で突き放される 広島は四回で先発全員安打11点奪う

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/345-9a3d14bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック