タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽好成績残す虎の助っ人ゴメスの弱点とは 克服すればバレ級への変貌も

・ゴメス 開幕から51試合を消化した時点で、2桁本塁打に到達した阪神の新外国人・ゴメス。開幕前は右膝痛などで調整不足かと思われていたが、4番としてまずまずの成績を残している。

特に特筆すべきは打点。43打点はチームトップで、リーグでも広島・エルドレッドの53打点に次ぐ2位だ。

 課題とされていた変化球にも対応力を見せ、三振は多いものの、それが気にならない成績を残している。ただそんな助っ人にもある“弱点”があると言う。トレーニングを管轄する球団トレーナーは「体幹部分がちょっと弱い。もちろん他の選手と比べれば普通なんだろうけど、ゴメスの上半身と下半身の筋力値から見れば、もっと腹筋と背筋があってもいい」と明かす。

 プロのバッターにとって体幹部分は最も重要だと言われている。基本的に打撃は下半身で生み出した力を、いかにロスすることなくバットを持つ上半身、両腕に送るかが重要。ジョイント部分となる体幹が弱ければ、体はうまく連動しない。

 現在、中日で活躍している小笠原は日本ハム時代から体幹トレーニングを最重要視していた。強靱な足腰に引けを取らない腹筋、背筋があの豪快なフルスイングの源となり、2000本安打を達成した要因にもなった。

 実際にゲームでゴメスのスイングを見た掛布DCは「体幹が弱いようなスイングをしている。2軍で言ったら一二三のようなスイング」と分析。緩い変化球を打ちに行く際に体の軸が我慢できず流れてしまう。空振りだけでなく、引っかけたり、泳いだりするシーンは確かに多い。
gomesu.jpg
 本人も体幹部分の弱さは認識しているという。来日当初は腹筋をやり始めるとすぐヒーヒー言っていたそうだが、徐々に負荷を高めている。加えて体幹トレーニングの重要性を、同僚のマートンがアドバイスしているという。

 「今は遠征先でもマートンが声をかけてトレーニングに誘っている。体幹部分が強くなってくれば、もっと打球の質は良くなるはずです」と球団トレーナー。弱点と言われれば聞こえは悪いが、裏を返せばまだまだ成長できる要素があるということだ。

 上半身と下半身の筋力はチームトップクラス。そこをジョイントする腹筋と背筋が強くなってくれば…。バレンティン級の長距離ヒッターへ変貌を遂げてもおかしくはない。(デイリースポーツ・重松健三)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00000028-dal-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・08-18  ※阪神がサヨナラ勝ち 福留が2安打3打点で連敗3で止める
 ・08-17  ※あ~あ…阪神・藤浪、4回7四死球 82日ぶり1軍も悪癖そのまま
 ・08-16  ※阪神、ミス続出で突き放される 広島は四回で先発全員安打11点奪う
 ・08-14  ※金本阪神“不安一敗” DeNA浜口にまたハマり3戦3敗…中谷は痛恨後逸
 ・08-13  ※阪神、“福留劇場”でベイ連倒!日本通算250号決着弾&決死ダイブの大暴れ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/356-0749c093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック