タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽貯金0も淡々…和田虎、3位すら危うい絶対絶命のピンチや

虎が絶体絶命のピンチだ-。

阪神は、楽天に連敗し、交流戦ラストを3連敗で終わり、ついに貯金はゼロになった。和田豊監督(51)は、27日からのリーグ戦を「ゼロからのスタート」としたが、投打とも明るい材料はなし。

首位巨人とは今季最大の5・5差。4位中日にも1差に迫られ、逆転Vどころか、Bクラス転落の危機だ。
 「いい形で締めくくりたい」-。和田監督の思いが宙に浮く。失意の3連敗で交流戦は9勝15敗。過去10年で最低勝率(・375)を刻んだ敗軍の将が唇をかんだ。

 「ビジターは五分で乗り切れたが甲子園でのDHをうまく使い切れなかった。そこが反省点。今から反省をしてもしょうがないが…」

 今さら、何を言っても後の祭り。線香花火が尽きるような、虚無感が残っただけだ。制球力に欠いた先発美馬を打ち崩せず、頼みのエース能見が4回5失点で降板。打線もゴメスの適時打で3試合連続の完封負けを逃れるのがやっと。前日(21日)は守乱がからんだ。一夜明けると、今度は力負け。そして、ついに「貯金ゼロ」を迎えてしまった。

 「打つ方も投げる方も、この4日間でしっかりと立て直す。文字通りゼロからのスタート。集中力を持って新鮮な気持ちでやっていく」

 27日から再開するリーグ戦に向けて、意気込みを示したが、負けた時、指揮官はいつも「気持ち」を強調する。例えば「気持ちを切り替えて」…。そして今回は「新たな気持ちで」。そこに具体的な策がないのが悲しい。

 選手を叱らない。それがポリシーなら、それでいい。敗戦後の監督会見をナインは直接、見聞きすることはない。文字か、伝え聞きで、言葉を間接的に知る。そういう意味では、悔しさや歯がゆさといった感情がコメントから全く伝わってこないのが何より寂しい。

 気持ちを切り替えるだけで勝てるのか。案の定、白星を積み上げるどころか、終わってみれば、首位を目前にし、最大で「9」あった貯金を使い果たした。その間、巨人はいつの間にか首位に立ち、交流戦で2年ぶりの優勝を飾った。9連敗した広島はその後、怒濤の5連勝。巨人とは今季最大の5・5差で、4位中日とは1差。春先から続いた「3強3弱」の構図が崩れかけている。もう絶体絶命だ。

 27日の中日3連戦(甲子園)から再び戦いが始まる。残り76試合。指揮官のコメントとは違って、「山あり谷あり」の戦いが続く。何が起こるかわからない。それが野球。それが救いだ。

 「この4日間で立て直す」

 短い会見で2度目のフレーズだ。虎党のストレスはもう沸点を遙かに超えた。こんな窮地こそ、指揮官の奥底にある執念を見せて先導してほしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140623-00000028-sanspo-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・06-26  ※阪神完封負けで4連敗 広島とのゲーム差5に広がる
 ・06-25  ※阪神・金本監督「ラッキー」四回裏途中2点ビハインドで降雨ノーゲーム
 ・06-24  ※阪神 赤っ恥大敗に金本監督「接戦落とすより切り替えやすい」
 ・06-19  ※阪神・金本監督、交流戦貯金2で良しとする 悔し完封負けも…
 ・06-18  ※阪神、マテオ乱調&松田満塁被弾で8回に一挙6失点 交流戦勝率1位が消滅

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/397-a5c4f929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック