タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽4年越しの“ラブコール”に就任決意、アギーレ監督「大きなチャレンジ

14dd2701fc7c642efd59.jpg 4年越しの“ラブコール”が実った。2010年の南アフリカW杯後にも「一度、声をかけてもらっていた」と明かした日本代表のハビエル・アギーレ新監督は、「ただ、そのときは個人的な事情で受けることができなかった。家族の都合というか、私の子供がスペインの大学で学んでいたので、日本に来ることができなかった」と説明した。

 日本サッカー協会の原博実専務理事兼技術委員長は南アフリカW杯後も「いろんな機会を使って、彼の指揮しているチームを見てきた」と話し、「サラゴサ、エスパニョールと、チーム状態が厳しい中で監督を引き受け、その中で守備を立て直し、勝ち点を取って残留させた。強いチームを勝たせるよりも難しい作業をしてきたと思っている。守備と攻撃のバランスをどうやって取るか。彼であれば、今まで以上のバランスを見い出してくれると思っている」と期待を寄せた。

「日本の代表監督を引き受けたことは、私のキャリアの中で非常に大きなチャレンジ」と話すアギーレ新監督。スペインのクラブチームや他の代表監督のオファーも受けたが、「再度、オファーをくれたこと、自分が(4年前に)断ったあとも自分の仕事を見てくれていたこと。そういうことに引かれて、日本代表監督を引き受けることを決心した」と、オファーを受けた理由を語った。
http://news.livedoor.com/article/detail/9137586/

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2018年ペナントレース
 ※◆2018年度
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-14  ※マイナビオールスターゲーム2018
 ・07-10  ※阪神が単独首位に浮上 先発・藤浪、3回1安打無失点
 ・07-09  ※阪神、借金3で前半戦終了 今季7度目零封負け
 ・07-05  ※梅ちゃん何くそプロ初4打点!阪神、4点差大逆転で2位再浮上や
 ・07-04  ※阪神メッセ、来日9年目で自己ワースト12安打10失点の大乱調

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/457-eb1b5f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック