タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▽大阪桐蔭、2年ぶり4回目の頂点に

▽大阪桐蔭(大阪)4-3三重(三重)

 第96回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は最終日の25日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝を行った。

3年連続出場の大阪桐蔭が三重を4-3で破り、春夏の甲子園を連覇した第94回大会(2012年)以来、2年ぶりに頂点に立った。夏の優勝は4回目で、PL学園(大阪)と並び4位となった。春を合わせて5度目の全国制覇は、横浜(神奈川)と並ぶ5位。

 三重は出場12回目で初めて決勝に進んだが、三重県勢として第37回大会(1955年)の四日市以来、59年ぶり2回目の優勝はならなかった。

 大阪桐蔭は三回に先頭の中村が左翼への二塁打で出ると、1死三塁から香月が中犠飛を放って同点。五回に勝ち越されたが、七回に四死球と福田の中前打などで2死満塁とし、主将の中村が中前に落ちる2点適時打を放って逆転した。前日9失点しながら完投したエース福島は粘りの投球で2日連続完投勝利。

 三重は五回に先頭・長野が中前打で出ると、続く佐田の犠打が野選と失策を誘って一、三塁と好機を広げ、宇都宮の中前適時打で勝ち越したが、その後バント失敗もありこの回1点止まり。七回にも相手バッテリーにスクイズを外され追加点を奪えず、九回も2死一、二塁としたがあと1本が出なかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00000043-mai-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・10-18  ※阪神・金本監督、屈辱終戦に「悔しい」 勝負の3年目へ新井良太の入閣検討
 ・10-16  ※阪神、超早め継投裏目…桑原が6失点などプレーオフワースト21被安打
 ・10-15  ※阪神がCS先勝 福留決勝2ラン DeNAを0封
 ・10-12  ※【阪神】CS第1S不戦勝突破も!?秋雨前線停滞、雨天中止で0勝0敗なら「上位球団」が最終Sへ
 ・10-11  ※CS勝つ!阪神・金本監督、4連勝締め&貯金17に手応え

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/474-4fc47dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
西宮市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014/08/26(火) 09:32:33 | ケノーベル エージェント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。