タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽阪神・遼馬CS万全!3戦連続パーフェク投「ゼロで抑えていく」

3点のリードがみるみるうちに消えていった。能見が崩され、安藤も勢いに飲まれた。押し寄せるDeNAの波をせき止めたのが3年目の松田だった。

 「球がまだ高かった。修正していきたいです」

 4-4と追いつかれた七回一死一、二塁。4番手で高宮からバトンを受けた。前の打席で二塁打を放っている桑原を初球147キロ直球で遊飛。3番・グリエルも外角高めへのスライダーで遊飛に仕留めた。

わずか4球。敵に流れが行きそうな場面で打者2人でピシャリ。相手に仕事をさせず、ピンチを脱出。もう一度虎に流れを引き寄せた。
「1アウト目をとれたのが、でかかったです」

 9月14日に今季初昇格してから、これで復帰後3試合でパーフェクト投球。安打や四球を与えることなく、ここまできた。ファンや首脳陣が期待するのは、もちろん、クライマックスシリーズ(CS)でのリリーフだ。ベテランの安藤、福原とともにフル回転してほしい。松田は「使ってもらっているときは、どんな場面でもゼロで抑えていきたい」と話した。

 今年2月に右ひじ痛を発症して、離脱。鳴尾浜でリハビリ生活を続ける間、幼き頃のシーンが脳裏によぎった。長崎・島原での中学生時代、平田勝男現2軍監督や元ロッテ・村田兆治氏らの野球教室に参加した。そこで何と打席に立たせてもらい、“マサカリ投法”を体感したという。「1球でしたが、プロの球ってすごいと感じました」。時は過ぎ、いまや、子どもたちから憧れのまなざしを注がれる存在になった。今季は開幕前からイバラの道だったが、その記憶が、くじけそうになる自分を支えてくれた。

 ここからはリョーマの季節。頼むぞ、フル回転! 遅れてきた剛腕が躍動する。
http://topics.jp.msn.com/sports/baseball/article.aspx?articleid=5934578
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・09-22  ※ 阪神が最大5点差をひっくり返し逆転勝利 セリーグ王者の広島を制する
 ・09-21  ※阪神・金本監督、猛ゲキ翌日嘆き節…G菅野にたった2安打ゼロ敗
 ・09-19  ※【阪神】金本監督、眼前での12年連続V逸に「2位確保やね」
 ・09-17  ※阪神・メッセンジャー CS間に合う!20日の検査次第で10・5以降の復帰可能性も
 ・09-15  ※阪神・ドリス、また九回背信…1点リード守りきれず「何もないです…」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/525-e7212cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック