タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!


▽阪神、“フラれ保険”でノリ獲得名乗りも 本命ナカジは高倍率



 阪神が今オフ、横浜DeNAからの退団が濃厚とされる中村の“転職先”として名乗りを上げる可能性が浮上した。

 球団では今季限りで米大リーグ・アスレチックスとの契約が切れる中島の調査を続行中だ。今季は懸案事項だった三塁手を固定できぬまま、9年ぶりのリーグ優勝が完全に消滅したからだ。

 だが争奪戦には古巣の西武、楽天が加わる可能性が大。またメジャーでの実績がない上に左手首を骨折した中島を高条件で獲得することには、球団内からも慎重論が出ている。そこで“保険”として候補にあがりそうなのが中村だ。

 昨年オフ、久保がFA権を使ってDeNAへ移籍した際、人的補償で鶴岡が入団したが「中村紀になる可能性が高かったようだ」と球界関係者。当時、DeNAからプロテクトリストが届いた際には年内決着を示唆していたが、結論は年明けに。その理由として若手投手か鶴岡かで意見が割れていたとみられていたが「中村が最終リストに残っていたが、最後の最後で鶴岡に変更されたようだ。それで長引いたみたい」(同)という。

 中村はゴールデングラブ7回受賞の名手。打点王2回と勝負強さもある。チーム編成上、三塁手には長打力を求めたいところで一発が望めるのは魅力だ。今季年俸5000万円(推定)で退団すれば給料を大幅に下げることが可能。2011年には年俸500万円(推定)でDeNA入りしている。「あくまで中島が最優先と思うが、補強リストには載るでしょうね」とは球団関係者。

 中村といえば造反など“お騒がせ男”のイメージがあるだけにリスクもある。が「おとなしい選手が多いチームだし、多少ヤンチャなぐらいの方がいい刺激になるかもしれない。西岡がチームの空気を変えたいい例もある」と球団OB。

 保険という立場になりそうだが、獲得に名乗りをあげる可能性は十分ありそうだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/9298405/
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・06-26  ※阪神完封負けで4連敗 広島とのゲーム差5に広がる
 ・06-25  ※阪神・金本監督「ラッキー」四回裏途中2点ビハインドで降雨ノーゲーム
 ・06-24  ※阪神 赤っ恥大敗に金本監督「接戦落とすより切り替えやすい」
 ・06-19  ※阪神・金本監督、交流戦貯金2で良しとする 悔し完封負けも…
 ・06-18  ※阪神、マテオ乱調&松田満塁被弾で8回に一挙6失点 交流戦勝率1位が消滅

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/530-cce84ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック