タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽阪神 残った!広島を撃破 CS甲子園開催は“巨人頼み”

 ◇セ・リーグ 阪神4―2広島(2014年10月1日 マツダ)

 阪神は広島を下し今季最終戦を白星締め。広島が5日に行われる巨人との今季最終戦(マツダ)で敗れれば、阪神の2位、広島の3位が確定し、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの本拠地・甲子園開催が決まる。

 阪神は初回、マートンの右前適時打で先制。3回には四球と大瀬良の暴投で1死三塁から鳥谷の中前適時打で加点した。さらに4回にも併殺崩れの悪送球から1死一、三塁の好機をつくると、能見の投ゴロによる狭殺プレーで三塁・梵が三塁走者・新井貴にタッチできず生還を許す野選を誘い、1点を追加した。

そして3―2と1点差に迫られた8回には安打と暴投で鳥谷が三塁に進み、ゴメスの右犠打で4点目。相手のミスをことごとく得点に結び付けた。

 先発の能見は4回にロサリオのソロ本塁打で1点を失ったものの、6回1失点で9勝目。2点リードの8回1死一、二塁で登板した守護神・呉昇桓(オ・スンファン)はロサリオを三ゴロ、堂林を空振り三振に斬って後続を断ち、またぎ登板で9回を締め39セーブ目。

 これで2位広島とゲーム差なしも勝率で下回る3位・阪神が2位になるには、5日に広島が巨人に敗れた場合に限られるが、CS本拠地開催へ望みをつないだ。

 広島は先発のルーキー大瀬良が重圧からか3回に自らの暴投、4回には2つの失策が絡んでいずれも失点につながり、4回3失点。味方打線の反撃も2点止まりだった。広島は今季最終戦となる5日の巨人戦に引き分け以上で2位が決まる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000132-spnannex-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・06-24  ※阪神 赤っ恥大敗に金本監督「接戦落とすより切り替えやすい」
 ・06-19  ※阪神・金本監督、交流戦貯金2で良しとする 悔し完封負けも…
 ・06-18  ※阪神、マテオ乱調&松田満塁被弾で8回に一挙6失点 交流戦勝率1位が消滅
 ・06-17  ※阪神2年ぶり交流戦勝ち越し 原口が2試合連続お立ち台
 ・06-16  ※阪神・原口文仁が延長十回サヨナラ打 金本知憲監督にとって通算100勝目

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/534-e01ae0c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック