タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽阪神・久保田 今季限り現役引退へ 「JFK」で05年V貢献

 阪神の久保田智之投手(33)が今季限りで現役を引退することが1日、わかった。今年2月の右肘手術から復帰できなかった。近日中に引退会見が開かれる。05年のリーグ優勝を支えたJFKの最後の一人も、ついに阪神のユニホームを脱ぐ。

 鉄腕と言われた久保田もケガには勝てなかった。「(肘が)本来の状態ではない…」。親しい関係者に漏らした本音。プロ12年間の現役生活にピリオドを打つ決意をこの日までに固め、球団も了承した。近々、引退会見の場が用意されている。

 今年1月下旬に右肘痛を発症した。春季キャンプは主力組ではない安芸でスタートしたが、2月5日にすぐに離脱。

翌6日には大阪市内の病院で、「右肘関節形成術」を受けていた。 「一日でも早く1軍のマウンドに戻って貢献できるよう、リハビリに取り組みたい」

 復帰への意気込みをそう語り、実戦復帰した5月22日の2軍の紅白戦で最速145キロを計測した。ウエスタン・リーグでも22試合に登板。しかし、一度メスを入れた右肘の違和感は最後まで消えることはなかった。この日、1度も1軍から招集がかかることなくレギュラーシーズンの最終戦を迎え、引退を決断した。

 05年はジェフ・ウィリアムス(現駐米スカウト)、藤川球児(現カブス)と最強の救援陣を形成し、名前の頭文字をとって「JFK」と呼ばれた。守護神として最後9回を任されて、リーグ優勝に貢献。胴上げ投手にもなっている。

 セットアッパーの7回に配置転換された07年にはプロ野球記録となるシーズン最多の90試合に登板。防御率も1・75で、日本タイ記録の46ホールド(当時)、日本新の55ホールドポイント(同)をマーク。同年から2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルも獲得した。

 ただ、その裏で酷使された右腕が悲鳴をあげていたのだろう。自慢の速球が痛打されることが増え、球速も130キロ台にまで落ちたことがある。先発転向した09年には右肩を痛めた。

 それでも名実ともに猛虎史に名を残したのは確かだ。ある球団関係者は「苦しい中でも腐らずに(トレーニングを)やっていた。常に頑張っていた。練習態度も素晴らしい。(球団の)功労者」と功績を最大級に評価する。

 ジェフ、そして藤川に続いてJFKの最後の一人もついにタテジマのユニホームを脱ぐことになった。一時代を築いた背番号30の勇姿はもう見られない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00000001-spnannex-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-22  ※阪神・ロジャース、来日1号&2号連発や5打点や!ヤ倒で連敗ストップ
 ・07-20  ※阪神、勝利の方程式崩れ大惨敗…マテオぶち壊し&桑原20戦ぶり失点
 ・07-19  ※【阪神】金本監督、岩貞の起用法見直し示唆…投手陣崩れ首位・広島と8ゲーム差
 ・07-18  ※阪神、“西岡効果”でコイ倒!金本監督「新しい風」吹かせて勝利貢献
 ・07-16  ※阪神・西岡 ついに1軍合流 左アキレス腱断裂から約1年 逆転Vの起爆剤へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/535-63da3e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック