タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽阪神が鷹打線封じに自信「ヤクルトほどじゃない」

 阪神投手陣が強力ソフトバンク打線封じに手応えを感じている。

 対戦成績は1勝1敗のタイながらも2試合を終えて失点は4。チーム関係者は「ヤクルトほどではなかったね。案外、このままいい感じでいけるんじゃないか」と胸をなでおろした。

 日本シリーズの対戦相手がソフトバンクに決まってから、まず警戒したのは破壊力抜群の鷹打線だった。チーム打率2割8分、607得点はともにパ・リーグのトップ。

和田監督も「一発もあるし、足も使える。リーグのトップ10に入る打者が並んでいる。誰をマークという打線ではない。バッテリーは相当、神経を使う」と印象を明かしていた。

 そんな中、首脳陣は「ソフトバンクはセ・リーグで言えばヤクルト。1番の柳田はヤクルトの1番・山田と同じタイプ。内川、李大浩といった中心打者はもちろんだけど、それ以外の打者の攻略も難しい。ヤクルト同様にどこからでも点が取れる打線」と分析。最下位に沈んだヤクルトだが、得点は12球団トップの667点で阪神もヤクルト戦では133失点、1試合平均5・5点を奪われた。

 投手陣も「とにかく低め、低めに甘くならないようにしないといけない」と鷹打線との対戦に神経をとがらせていた。それだけに2試合を4失点で乗り切ったことにホッとしているのだ。

 第3戦(28日)に先発する2年目右腕・藤浪は「マウンドに上がれば、2年目とかは関係ない。ロースコアの戦いになる。できるだけゼロに近い数字で抑えたい。安打を打たれると思うが、それがつながらないようにしたい」と意気込む。

 29年ぶり日本一のためにも鷹打線を暴れさせるわけにはいかない
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000015-tospoweb-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2018年ペナントレース
 ※◆2018年度
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-21  ※阪神・秋山リフレッシュ調整明け結果残せず4回6失点
 ・07-20  ※阪神ロサリオ、西日本豪雨に100万円を寄付。個人での義援金
 ・07-19  ※金本阪神、聖地2度目のG3連敗
 ・07-18  ※岩田がヤングマンに“決勝”2点打
 ・07-17  ※阪神・メッセ、気迫の中2日も10勝お預け

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/564-3656897d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック