タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽阪神・和田監督 ヤフオクドームで前日公式練習行わぬ大ポカ


 福岡ソフトバンクホークスが3年ぶり6回目の日本一となった。5試合行われたシリーズ戦のベンチ裏では、楽天監督を退任したばかりの星野仙一氏が登場するなど、来季の人事をめぐって様々な動きがあったとみられている。一方、そうした動きがあることを知ってか知らずか、阪神の和田豊監督はこんな“ポカ”をやらかしていた。

 阪神は第3戦に備えて27日の移動日に敵地のヤフオクドームに到着。なんと試合前日なのに公式練習を行なわなかったのだ。これは相当異例のこと。

 和田監督は「予定通り」と説明したが、短期決戦で休養が必要なタイミングではないし、試合経験の少ない球場で練習できる貴重な機会だった。人工芝の状態や、クッションボールの処理法など、チェックすべき点は多々あったはずだ。

 案の定、1勝1敗で迎えた敵地での第3戦ではそのツケが出た。4回裏1死二塁の場面で、細川亨が空振りしたボールを捕手・鶴岡一成が後逸。細川が振り逃げで生きる一方、広いファウルグラウンドに転がる球を鶴岡が見失った。投手・藤浪晋太郎のベースカバーも遅れて二塁走者・吉村裕基の生還を許し、2点目が入る。その第3戦、そして翌日の第4戦と続けて、鉄壁を誇った守備から崩れて連敗を喫している。

 準備不足がシリーズの流れを止めたといわれても仕方あるまい。
http://news.livedoor.com/article/detail/9425429/
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2018年ペナントレース
 ※◆2018年度
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-21  ※阪神・秋山リフレッシュ調整明け結果残せず4回6失点
 ・07-20  ※阪神ロサリオ、西日本豪雨に100万円を寄付。個人での義援金
 ・07-19  ※金本阪神、聖地2度目のG3連敗
 ・07-18  ※岩田がヤングマンに“決勝”2点打
 ・07-17  ※阪神・メッセ、気迫の中2日も10勝お預け

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/570-51525822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック