タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽侍JAPAN快挙!日米野球で初のノーヒットノーラン達成…4投手で完璧リレー


 「日米野球・第3戦、日本4-0MLBオールスター」(15日、東京ド)

 日本は先発・則本(楽天)が5回60球を投げ、6奪三振の完全投球。2番手・西(オリックス)が六、七回を2四死球無安打。3番手・牧田(西武)が八回を2四球無安打。九回は4番手・西野(ロッテ)が、二塁・菊池(広島)の好守もあり3人で抑えた。

 日本は二回、先頭の中田(日本ハム)が左線二塁打で出て、1死後に坂本(巨人)が左越えに1号2ランを放ち先制。三回には1死一塁から中田が左越えに1号2ランを運んで2点を追加した。

 日米野球でのノーヒットノーラン試合は1990年の最終第8戦でMLBチームが達成(スコアは5-0)して以来、24年ぶり3度目。1度目は1971年に単独で来日したオリオールズのドブソン投手が巨人を相手に達成(スコアは2-0)。

 MLB先発のガスリー(ロイヤルズ)は、5回を5安打4失点、2本塁打だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000082-dal-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・06-24  ※阪神 赤っ恥大敗に金本監督「接戦落とすより切り替えやすい」
 ・06-19  ※阪神・金本監督、交流戦貯金2で良しとする 悔し完封負けも…
 ・06-18  ※阪神、マテオ乱調&松田満塁被弾で8回に一挙6失点 交流戦勝率1位が消滅
 ・06-17  ※阪神2年ぶり交流戦勝ち越し 原口が2試合連続お立ち台
 ・06-16  ※阪神・原口文仁が延長十回サヨナラ打 金本知憲監督にとって通算100勝目

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/585-9073c690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック