タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽日米野球 「力で勝負を挑みすぎた」藤浪、力負けで4回4失点


◆MLB6-1日本(16日、東京ドーム)

 完全な力負けだった。日本代表の先発、藤浪は3ランを浴びるなど4回5安打4失点。「力で勝負を挑みすぎた。単純に力不足」と唇をかみしめた。

 一回には自己最速タイの157キロを計測するなど調子は悪くなかった。だが、自慢の直球は、パワーが売りのMLBオールスター打線にはじき返された。

 一回1死、プイグ(ドジャース)に155キロの直球を左中間に持っていかれた。三回1死二、三塁からは、モーノー(ロッキーズ)に変化球をライナーで右翼席に運ばれた。「しっかりと打ってくる印象。日本の打者とは違って踏み込んできたので驚いた」と大リーグの野球を肌で感じた。打たれた5安打のうち4本が長打だった。

 少ないながら収穫もあった。四回は低めを丁寧に突く投球を意識。三者凡退に仕留めて「最初からそうすればよかった。勉強になった」と前を向いた。

 同学年の大谷(日本ハム)とともに、将来の侍ジャパンを背負う看板投手へと成長することが期待される。「力をつけたい。投球の幅も広げたいし、緩急をつける投球もしたい」。20歳の右腕は、悔しさを胸に刻み、雪辱を誓った。(神田さやか)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141117-00000501-san-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2018年ペナントレース
 ※◆2018年度
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-21  ※阪神・秋山リフレッシュ調整明け結果残せず4回6失点
 ・07-20  ※阪神ロサリオ、西日本豪雨に100万円を寄付。個人での義援金
 ・07-19  ※金本阪神、聖地2度目のG3連敗
 ・07-18  ※岩田がヤングマンに“決勝”2点打
 ・07-17  ※阪神・メッセ、気迫の中2日も10勝お預け

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/586-09aef852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック