タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽広島優勝巨人2位を予想する片岡篤史氏 「セは捕手に注目」

 球春到来。日本ハムや阪神で活躍した評論家・片岡篤史氏がセ・リーグの順位を予想した。予想は以下の通り。

【1】広島【2】巨人【3】阪神【4】ヤクルト【5】横浜【6】中日

 片岡氏は阪神を引退後、解説者として活躍する一方、学校法人・芦屋学園のスポーツモダニズムプロジェクトに参加、客員教授を務めている。
 最初は「この時期に順位予想?」と眉を顰めたが、しばらく考えて口を開いたのは、「セの6位は中日かな……」だった。
 
「下から順に横浜、ヤクルト、阪神、巨人、そして広島。1位の広島は黒田博樹の“男気”に期待を込めた予想です。久しぶりに優勝してほしいという個人的な気持ちでもあります」
 
 根拠がないわけではない。片岡氏は特に「捕手」に注目する。
 
「マエケンという主軸投手がいる中で、黒田が加わって支える力は大きい。阪神から古巣に戻った新井貴浩もいるし、野手にも伸び盛りの選手が多い。特に石原慶幸というベテラン捕手の控えで、若手の會澤翼が育ってきたのが頼もしい」
 
 そこに立ちはだかるのが、広島と並んで優勝候補に推す巨人だ。巨人のキーマンも捕手。
 
「若い小林誠司と移籍組の相川亮二が、どのように補い合い、どれだけやれるかにかかっていると見ています」
 
 阪神も同様である。
 
「2年目の梅野隆太郎がしっかりと定着できるかどうかにかかっていると思います。加えて阪神の場合は、西岡剛と上本博紀の二塁ポジション争いに注目しています」

※週刊ポスト2015年3月6日号
http://news.livedoor.com/article/detail/9828213/
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・10-18  ※阪神・金本監督、屈辱終戦に「悔しい」 勝負の3年目へ新井良太の入閣検討
 ・10-16  ※阪神、超早め継投裏目…桑原が6失点などプレーオフワースト21被安打
 ・10-15  ※阪神がCS先勝 福留決勝2ラン DeNAを0封
 ・10-12  ※【阪神】CS第1S不戦勝突破も!?秋雨前線停滞、雨天中止で0勝0敗なら「上位球団」が最終Sへ
 ・10-11  ※CS勝つ!阪神・金本監督、4連勝締め&貯金17に手応え

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/661-cd524697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック