タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!
▽阪神が74年ぶりの開幕戦サヨナラ勝ち マートンが決めた


 「阪神5-4中日」(27日、京セラ)

 阪神が開幕戦を延長サヨナラ勝ちで飾った。

【写真】虎の劇勝呼んだ?倖田來未がヘソ出しノーバン始球式

 4-4で迎えた延長十回だ。この回から登板した中日・田島に対し、先頭の上本が四球で出塁。代打・俊介が犠打で送って1死二塁の好機を築いた。

 続くゴメスは空振り三振に倒れて2死。次打者・マートンのときに暴投で2死三塁とした。この好機に“安打製造機”が本領発揮。この打席の前まで4打席凡退していたマートンが、コンパクトなスイングで左前へきっちりサヨナラ打を放った。

 阪神が開幕戦でサヨナラ勝ちを収めたのは2リーグ分立後初。1リーグ時代を含めれば1941年の阪急戦(西宮)以来、74年ぶりだ。

 試合後、ヒーローインタビューのお立ち台に上がったマートンは「チームの勝利に貢献できるバッティングができたら、いつも気持ちいいんだけど、きょうは自分だけじゃなくてチーム全体、みんなが頑張った勝利だと思う」と話した。

 和田監督は興奮冷めやらぬ表情で「七回ぐらいまでは嫌な流れできたけど、粘り強く戦ってくれた」と振り返っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000103-dal-base
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2018年ペナントレース
 ※◆2018年度
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・07-14  ※マイナビオールスターゲーム2018
 ・07-10  ※阪神が単独首位に浮上 先発・藤浪、3回1安打無失点
 ・07-09  ※阪神、借金3で前半戦終了 今季7度目零封負け
 ・07-05  ※梅ちゃん何くそプロ初4打点!阪神、4点差大逆転で2位再浮上や
 ・07-04  ※阪神メッセ、来日9年目で自己ワースト12安打10失点の大乱調

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/672-5da422d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック