タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!

「優勝のために気をつけるべき相手」として挙げたのは…

「打つべき人が打っているし、今、セ・リーグでは一番チーム状態がいいでしょう。戦力は一番充実している。今後はヤクルトと巨人も潰し合いになるし、楽に考えていけば優勝できるはず」と虎の勢いを認めた上で「ここから気をつけなければならないのはむしろ、DeNAと広島です」と混セから脱落した感がある2球団を指名した。

 その理由については「阪神は伝統的にどうしても“打倒・巨人”を意識してしまう。例えば、先発のローテーションを崩してでも叩きにいったり…。しかし、ここにきて意識しすぎるのは良くない。2位のヤクルトに対しても同様です。なぜならばその後にチームが疲弊してしまうから。特にDeNAと広島は状態も良くなってきたし、軽視すると足をすくわれますよ」

 さらに「どこに勝っても1勝は1勝でいくべき。阪神は頭ひとつ抜けたし、今後はローテーションの順番もしっかり守って余力を持ちつつ戦うべきです。ヤクルトに勝ち越したから(18日からの)巨人戦は1勝2敗でも十分。“一戦必勝”を続ければひずみが生まれる。“ここからは五分でいい”というくらいにゆとりを持つことが大事になってくる」と声を大にした。

 優勝を争う2球団よりも、下位球団による「上位いじめ」こそ気をつけなければならない。特に宿敵の巨人戦は過去に何度も苦杯をなめさせられ、就任4年目で今季が背水イヤーの和田監督も必死になるカードだけに「間違い」が起きないようにすべきというわけだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/10478505/



スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・05-27  ※捕ってくれよ…阪神・隼太、満塁で飛球の目測誤り3点二塁打に
 ・05-26  ※メッセや!キャンベルや!阪神 投打で助っ人コンビ奮起 巨人戦同一カード3連敗阻止
 ・05-25  ※阪神・鳥谷、顔面付近への死球で流血…連続試合出場絶対絶命
 ・05-24  ※黒虎ユニの阪神ゼロ封負け
 ・05-22  ※阪神が逆転勝ちで4連敗免れる 決勝点は“敬遠暴投” 日曜日は7連勝

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/810-4c9a01ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック