タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!

阪神・和田豊監督(52)の来季続投方針が電鉄本社内で固まったことが24日、分かった。

2016年も和田監督でいく。来季に向けた電鉄本社の基本方針が明らかになった。球団創設80周年での優勝が現実味を帯び、5年目を託すに値すると判断していることが分かった。

 「和田監督の続投については、然るべきタイミングで坂井オーナーが最終的に決めるだろうが、現時点で続投要請することに対して、まったく支障ないと考えている」

 残り30試合。25日から4連勝、広島が4連敗、その間に巨人が2敗すれば28日にも優勝マジックが点灯する。昨年、2位争いを繰り広げた鯉をたたき、26日ぶりの本拠地へ戻って優勝への視界を明るくする。

 5年目となれば04-08年の岡田監督以来。電鉄本社、球団ともに方向性は一致。来季続投は監督人事権を持つ坂井オーナーがペナントの行く末を見て、最終的に決断する。10年ぶりのリーグVという悲願を達成し、審判を待つ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00000036-sanspo-base



スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・05-26  ※メッセや!キャンベルや!阪神 投打で助っ人コンビ奮起 巨人戦同一カード3連敗阻止
 ・05-25  ※阪神・鳥谷、顔面付近への死球で流血…連続試合出場絶対絶命
 ・05-24  ※黒虎ユニの阪神ゼロ封負け
 ・05-22  ※阪神が逆転勝ちで4連敗免れる 決勝点は“敬遠暴投” 日曜日は7連勝
 ・05-21  ※阪神・藤浪 今季最短降板 三回に3四球に暴投と制球乱し4失点

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/818-0b9428d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック