タイガースを叱咤激励します。オフシーズンは旬ネタをお届け!

 プロ野球セ・リーグは14日、12日に甲子園球場で行われた阪神-広島20回戦で三塁打と判定された飛球が本塁打だったと誤審を認め、謝罪した。判定に対する謝罪は極めて異例。ただし、試合は成立しており記録の訂正は行わない。

 同試合では十二回表の広島の攻撃で、1死から田中が放った中越えの飛球がグラウンド内に跳ね返り、審判団はインプレーと判断。その後のビデオ判定でも、覆ることはなく三塁打とされた。試合後、広島側が「フェンス内のワイヤに当たって戻ったもので、本塁打ではないか」と主張していた。

 セの杵渕統括はこの日、広島側からの(1)審判団は球場の構造を知っていたのか(2)ビデオ判定でもフェンスを越えていないように見えたのか-とする質問に回答。(1)の構造を認識しており、(2)については「ネットに当たったものと思い込み、まさかフェンス内のワイヤに当たることはないと判断した」と説明した。

 改めて検証した結果、ビデオでも球がフェンスを越えていたことを確認。「今後は先入観なしに検証するよう徹底をはかりたい」とした。

 また日本野球機構の井原事務局長も「再発防止策を鋭意進める。球団、ファンに迷惑をおかけしたことおわび申し上げる」と話した。
http://www.sankei.com/sports/news/150914/spo1509140023-n1.html

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※◆2017 ペナントレース
 ※◆2017タイガースニュース
 ※◆2016 ペナントレース
 ※◆2016 タイガースニュース
 ※◆2015 ペナントレース
 ※◆2015 タイガースニュース
 ※◆クライマックスシリーズ
 ※◆桧山引退試合
 ※◆日常
新着エントリー
 ・05-26  ※メッセや!キャンベルや!阪神 投打で助っ人コンビ奮起 巨人戦同一カード3連敗阻止
 ・05-25  ※阪神・鳥谷、顔面付近への死球で流血…連続試合出場絶対絶命
 ・05-24  ※黒虎ユニの阪神ゼロ封負け
 ・05-22  ※阪神が逆転勝ちで4連敗免れる 決勝点は“敬遠暴投” 日曜日は7連勝
 ・05-21  ※阪神・藤浪 今季最短降板 三回に3四球に暴投と制球乱し4失点

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chunree.blog.fc2.com/tb.php/841-66f416e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック